–>

リトルボッコって何?どこで買えるの?

しゃべくり007の番組のなかで榮倉奈々ちゃんが超おすすめしていた「リトルボッコ」というブランドのパジャマ。とても着心地が良くて、もうそれじゃなきゃだめというほど絶賛。ネットでは「リトルボッコ 部屋着」などで検索が続出し、サーバーがダウンするほど。で、リトルボッコってなにもの?価格は?販売店は?と調べてみました。

うんちくはどうでもいいからとにかく早く買いたいという人はこちらへ飛んでください。

 

榮倉奈々大絶賛の「リトルボッコ」とは?

リトルボッコはリラックスする部屋着を展開するリラクシングウエアbodco(ボッコ)から2016年春に「タオルライン」としてスタート。

コンセプトは

“let loose”(レットルーズ)な気分を大事にしたい

レットルーズとは「解放させる、自由にさせる」「ゆったりとする」という意味です。

素材はとことんこだわっていて

littlebodcoは、綿・麻・竹(バンブーレーヨン)の糸を絶妙なバランスで織り交ぜたcotton linen bamboo®(コットンリネンバンブー)のパイル生地でできています。織り密度と糸の太さ、三種類の糸の混紡と交織、一貫生産の加工技術を駆使してルーズバランスを追求しました。

cotton linen bamboo®は、”long pile twist®(ロングパイルツイスト)製法でつくられています。

 

タオル製造の老舗「ホットマン」というメーカーは有名ですがそこが

織から染色、仕上げ、また縫製まで一貫生産(※)をおこなっているのでクオリティは相当高いもの。

しかもその「ロングパイルツイスト製法」で作られたタオルは伸縮性がすぐれ、弾力があり、拭き心地がよく吸湿性に優れ、乾きやすく1秒タオルといって1cm各に切ったタオルを1秒で水に沈めることができるほど吸水性にすぐれているそうです。

(※四国の今治タオルや泉州タオルも有名ですが織りまでで染めや仕上げは他社へということが多いのでホットマン(株)が日本で唯一タオルの一貫生産をおこなっている)

リトルボッコのパジャマって何?

オリジナルの生地作りから完成までを国内のみで生産、綿・麻・竹(バンブーレーヨン)の糸を絶妙なバランスで織り交ぜたオリジナルの混紡糸を独自の製法で、吸水性を損なわずに驚くほど軽く作られたリトルボッコの商品。ぜひ欲しいですよね。販売店は?ネットで買えるの?

テレビで榮倉奈々さんが発したことによってネット上で話題になり今ではどこも売り切れ状態。

榮倉さん愛用のパジャマはこれ。

リトルボッコ/ CLB PJ【ユニセックス】

12752193B_b_05_50012752193B_b_08_500

オリジナルの綿麻と綿バンブーレーヨンの混紡糸CLB®(コットンリネンバンブーの略)で新たに平織りのダブルガーゼ生地を作りました。麻とバンブーレーヨンの特徴であるシャリ感と吸水性、そしてコットンの優しさが絶妙なバランスの素材感は、洗えば洗うほどに肌に馴染んでくるので、手放せなくなることでしょう。

ここちよい時間が過ごせそう。生地のアップです↓

zozo

リトルボッコのパジャマの価格は?

41040円。はい、桁がちがいます。驚きの4万円以上する贅沢なパジャマ。

スポンサーリンク

でもいつもがんばっている自分へのご褒美や、喜んでもらいたい人へのプレゼントにはもってこいの話題性もこだわりもあるみっけもんかもしれません。

と、とりあえず販売店をみてみましょう・・・。

リトルボッコの買える販売店はここ

  • ZOZOTOWN 販売ページ
    ネイビーは続々と在庫切れ。でもピンクならサイズによっては在庫あり。
    予約や再入荷待ちも出来るので早めにチェック必要です。
  • 楽天やアマゾンでは取り扱いは今の時点ではなし(2017.1/19)

どうしてもなんとか手に入れたい人は公式ページやインスタ、FBをこまめにチェックすると最新情報が得られるかも!

 

 

また、とにかく使い心地を実感したいという人はせめてガーゼタオルでも買う?
こちらのオンラインストアでタオル類は取り扱っています。→ little store

 

リトルボッコガーゼ 1/4スクエア 25×25cm  ¥972 税込

こちらも在庫薄め。

7a9bd6d90117ddd754f8_460x460

 

 

パジャマではなくバスローブですが、ここで買えます。

リトルボッコのバスローブ 販売ページ

 

bath

bathkakaku

 

リトルボッコのTシャツ 販売ページ

tsyatubodco

 

 

まとめ

第一線で活躍している女優さんの身につけているもの、愛用品ってやっぱりクオリティーの高いものが多いという印象です。周りの環境にも恵まれているせいもあるんだと思います。色々な才能に抜きん出た人たちがなにかの想いのもとに、とことんこだわったものづくりをしたものって値段は高いけど価値のあるものですよね。

さすがに4万円もするパジャマは 庶民の1主婦である私には買えませんが、(家族を差し置いて自分だけっというのもね)

いつかは手に入れたいって自分へのご褒美の一つとしてリストにあげておきたいと思います。

多分、天女の羽衣をきているような感覚なんだろうな〜〜と妄想しながら、今日も1日がんばります!

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  将棋の藤井4段(14歳)天才を作ったおもちゃとは?今買うには?