【節約】エプソンEP-883AWのインクを安く安全に購入したい。

生活のハウツー

プリンターのインクって「減るの早過ぎ〜」!?

エプソンのプリンター「EP-883AW」に買い替えて思ったこと…。

  • インクって何色もある上、次々にすぐ減る。
  • プリンターのインク、バカ高い。
  • ネットの格安インクはノズル詰まり心配。

過去に格安インクでの苦い経験から、インクはそこそこの価格は仕方ない出費と思うことにしていました。

が、純正インクは値段が高過ぎる!!

ある程度の出費は覚悟→純正インクは高過ぎ→ノズルつまりは困る→格安インクはNG→コスパのいい品質の良いものはないものか…。

このぐるぐるループから抜け出せた理由をシェアしたいと思います。

プリンタ本体に支障なく、安心してコスパの良いインクを買いたい人におすすめします。

エプソンのインク 増量タイプの謎。

増量タイプって容量はどれだけやねん!

以前ネットの格安インクをバンバン使っていたら、購入して1年半くらいのプリンターが目詰まりしてどうにもこうにもできなくなり処分するハメに。

プリンター本体は3万円位、インクをケチったために本体がダメになったという苦い経験のため、今回買い直したエプソンのプリンターはどうしても長持ちさせたい。

プリンターに初期セットされていたインクはすぐなくなったので、店の人に強く勧められたこともあって純正の増量タイプを購入してみた。

でも、純正の増量タイプにも関わらず、あっという間に次々に各色のインクなくなる。(泣)

で、いったい増量タイプといえど、どれくらい容量多いの?と箱の詳細を見たら…

エプソンインクの容量の表記、いっさいなし!

え?どこにも「容量」が書かれていない。容量の表記なしって有り??

エプソンのカスタマーに電話してみたら「社内秘密なのでお答えできないです」とのこと。

じゃ、増量ってどれくらい増量されているのかあやふやってことか。しかも基本容量さえ不明。

倍量だったら、そう表示するだろうから、倍量までいかない範囲でしょうね。

これでよく買ってたもんだわ…。

大きさが同じなのはカートリッジだから当然で、中身の構造で容量が多めに入る様になっているそうです。

問題はどれくらい多く入っているか、なんですけどね。

今までプリンターのインク容量を何mlかなんか意識したことなかったけど、あまりにも不可解。

プリンター本体を買ったらインクは必須消耗品。

ちまたの噂「インクで儲ける」論はやっぱり本当なのか…。

こうなったら絶対に「純正インクは買わないぞっ」と決心。

ただ、格安すぎるインクはノズル詰まりして大変な目にあったので、適正価格信頼できる保証しっかりしたものを買いたい。又インク探しに放浪しないといけない…。と思っていたところ、

インク難民の救世主。詰め替えインクのエコッテ

そこでヒットしたのがここ。

詰め替えインクのエコッテ


EPSON KAM-6CL カメインク
詰め替えインク
詰め替え用インクボトル 染料ブラック 30ml × 1本
詰め替え用インクボトル 染料シアン 30ml × 1本
詰め替え用インクボトル 染料マゼンタ 30ml × 1本
詰め替え用インクボトル 染料イエロー 30ml × 1本
詰め替え用インクボトル 染料ライトシアン 30ml × 1本
詰め替え用インクボトル 染料ライトマゼンタ 30ml × 1本
● ICチップ リセッター
( KAM / KUI 対応 USB式)100回使用可能 × 1個
● キャップピン (詰め替え用インクボトル開栓用)
● ノズル(インク注入補助用)
● ACアダプター・USBケーブル
● 手袋
● 取扱説明書
純正容量各5mlの6回分相当!
価格 7,345円
引用:詰め替えインク エコッテ 楽天市場

実にわかりやすい!明解!

スポンサーリンク

純正インクの通常タイプは5ml位、増量タイプは7ml位のようですね。

(エコッテさんでは、インク注入量を新品の純正品と空の純正品の重量差から算出しているそうです。)

ちなみに純正インクは、6色パック通常タイプ(およそ各5ml)で約4,300円、増量タイプ(およそ各7ml)で約7,000円前後です。

容量はそれぞれ、詰め替えインクボトルのおよそ6分の1、およそ4分の1。

単純計算すると、純正インク6色パック(通常・5ml)✖️6回分=25,800円または

純正インク6色パック(通常・7ml)✖️4回分=28,000円

その容量分をエコッテの詰め替えインクボトルなら7,345円でまかなえるということですね。

インクもプリンターもW保証 (※条件あり)

しかもプリンター本体の保証なんて心意気が憎い。

「プリンター本体の保証(※)」までうたうくらいなので品質に自信があるってことですよね。
※プリンター保証には条件があります。エコッテサイトで確認してください。

私は早速購入してみました。

【体験レビュー】エコッテ詰め替えインクを使ってみました!

はじめだけ、インク残量をリセットするの「リセッター」が必要なので、「初めてセット」を購入。

まあまあの値段するんですが、何しろ通常タイプの6回分ですからね。ただ、詰め替えが面倒と思うかどうか。

インクの詰め替えって実はそんなに難しくないんですよ。

こぼしそうとか難しそうとか思いがちですが、むっちゃ簡単です。

ただ、注入するだけ。他の機種対応のインクではカートリッジに穴を開けるものもありますが、エプソンのEP-833AWの詰め替えインクはカートリッジを裏返して注入するだけ♪

もし、初めて詰め替えをする人がつまづくとしたらこの2点ですね。

初心者のつまずきポイント
  • インク注入の終了のタイミング
  • リセッターのやり方(※)

では、つまづきポイントは、わかりやすく動画で説明します。

※リセッターとは「プリンターのインク残量表示を満タンにするための道具」です。

手順

☆まず最初に下に新聞紙をしっかり敷いて床をカバーしてくださいね。【必須です!】

前項と重複しますが、インク注入量は(公式に発表されていないため)参考となりますが、増量タイプで約7ml位が目安です。

エコッテの詰め替えボトルは1本30mlあるので増量タイプの約4倍。標準の6倍くらいの容量ですね。

これでこの価格ならコスパいいですよね。

まとめ

今まで悩みのタネだった、インクの値段が高い問題。

なんと容量を把握していないことに今さら気づくという…。

「詰め替え文化の伝道者」のエコッテさんを見つけてホッとしています。

インクカートリッジって、まだまだ使えそうだし、インクもまだ少しありそうなのに、捨てないといけなかった罪悪感ありませんでしたか?

回収箱に持っていくのいつも忘れて、たまっていく空のカートリッジにため息。

そんなストレスから解放されて、少し3DGsにも貢献できた様で気分いいですよ♪

詰め替えインクバンザイ♪

エプソン用インク カメ クマノミ 共通 詰め替えインク6色 ビギナーセット【KAM-6CL / KUI-6CL】

スポンサーリンク
Pocket

タイトルとURLをコピーしました