–>

姪の結婚式 50代女性の髪型スタイルは?

50代になって姪の結婚式に出席することに。服装はなんとか決まったけれど髪型はどうしよう?めっきりヘアスタイルに無頓着していたので流行のヘアスタイルも50代の年齢に似合う髪型もさっぱりわからない。自分でアレンジしても古めかしい感じになると恥ずかしい…悩みますよね。そんな50代女性に大人で上品な結婚式のお呼ばれにぴったりの髪型をご紹介します。

50代女性が結婚式お呼ばれで知っておきたい髪型マナー

姪である結婚式に叔母として出席するからには、姪に恥をかかせないためにもきちんとマナーを知っておかないといけません。
服装にもマナーがあるように髪型にもタブーがあります。

結婚式は「フォーマル」の場。アップスタイルが基本です。

これは洋装和装に関わらずです。なぜならダウンスタイルだと食事など下を向く動作のたび髪をかきあげたり、押さえたりしないといけませんよね。
こうやって人前で髪を触ったり、かきあげるしぐさは印象はよくありません。品が悪いと言ってもいいでしょう。

若い女の子のコンパなどで髪をかきあげたり、触ったりするのは色っぽいしぐさとしてモテるかもしれませんが、結婚式の場ではあくまでも神聖で上品さが必要です。

となると、特に50代女性であれば結婚式のヘアスタイルはアップスタイル、またはハーフアップスタイルという選択になります。

ダウンスタイルでも華やかな髪形にはできますがどうしても「だらしない感」がでしまいますし、食事中に無意識に髪を触ることは避けられません。同席の人によっては不快に感じる人もいるでしょう。アップスタイルに慣れていないという人はあとで簡単テクニックをご紹介しますのでお楽しみに。

また髪につけるアクセサリーはファーなど「殺生」を連想するものは避けて下さい。

50代女性でつけたいという人はまれだと思いますが派手すぎる造花などもNG。あくまでも上品にエレガントに、です。

50代女性のアップスタイル簡単テクニック

アップスタイルといっても普段やっていない人にとってはハードルが高いもの。すぐ後ろ髪がぽろぽろ落ちて着そうでたちまち生活に疲れたオバサンになってしまいそう。なんて心配は10年前のこと。今はいろんな便利なグッズが出ていますので大丈夫!具体例を紹介しますので参考にしてください。

またアップスタイルのやり方は

  1. 自分でなんとかする
  2. プロの美容院に任せる

の2通りしかありません。

姪の結婚式ってお祝儀やら、服やら小物やらと何かと物入りなので髪型くらい自分でなんとかしたいという人のために失敗しない簡単テクニックから。

50代髪型結婚式に! 5分でできる簡単テクニック

 

結婚式お呼ばれヘアスタイル 三つ編みができたらできる!

スポンサーリンク

 

 

結婚式、披露宴ヘアスタイル。大人の女性の憧れ!夜会巻き

 

4分でできる!崩れにくい簡単シニヨン

 

海外セレブ風ギブソンタック。ミディアムでも大丈夫。

 

くるリンパを使って簡単ギブソンタック

 

 

不器用な人向け奥の手ヘアアレンジ方法

私は不器用だから無理という人は、奥の手でウィッグという手も。



50代になると髪の分け目が目立ったり、ボリュームや白髪がきになりますよね。髪型のスタイル以前に「老けない髪型」が50代女性にとっては必須かも。
フルウィッグに抵抗のある人は部分ウィッグから始めるのもいいと思います。

私の場合はどうしても前髪の分け目がすぐ白髪が目立ってきて、座ると頭の方が気になって・・・。あまり頻繁に白髪染めするにも傷みそうでいやで。
ヘアアクセ感覚でウィッグをつけると白髪染めの間隔も長く開けれて一石二鳥。

ウィッグという奥の手もぜひ検討してみて下さい。

姪の結婚式の髪型どうする?知っておきたいNG髪型 まとめ

いかがでしたか?
動画を見ても自分ではできないという人は手先が器用なお友達に頼むか、行きつけの美容室でカットの時期をあわせて行き、ついでにアップの仕方を伝授してもらうなどしてみてはいかがでしょう?
まためったにないハレの場に出席できるんだから奮発しちゃおうと思う方や、当日失敗してあわてたくないと心配な方は美容院を予約して任せるのもいいかと思います。

美容院で予約するなら有名な便利サイトはここ↓


私はここで髪型をチェックしてヒントを得たり、実際に予約して割引をしてもらったりと使っていますよ♪

 

50代髪型は若作りしすぎてもイタイし、老けすぎてもいやだしと悩むところですよね。でも今はアップスタイルでも大人可愛い方法もたくさんあって探してみると楽しくなってきます。
子育てもひと段落し、自分のおしゃれから遠ざかってきた50代の女性には姪の結婚式出席という華やかな場を与えられたチャンスをぜひ楽しんで、いい思い出の一日にしてくださいね。

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  敬老の日ギフトで失敗。贈りもの選びの前に絶対読んでおきたいこと