母の日に花言葉でメッセージを。アイディア&注意ポイント。

母の日に「花を贈る」人がダントツに多いんですが、そろそろ赤いカーネンションばかりはマンネリだなと感じていませんか。今年は花言葉で日頃、口にはできない感謝の気持ちを伝える一工夫を。ただしこれだけはやめておきたい絶対注意ポイントがあるので花言葉とともにご紹介します。

母の日に贈る人気の花の種類と花言葉

母の日のプレゼントは花が人気ナンバーワン。母の日に贈るのに人気の花のそれぞれの花言葉と共に絶対知っておきたい注意ポイントをお話していきますね。

母の日のプレゼントの人気の花の種類

  • カーネーション
  • バラ
  • クレマチス
  • 胡蝶蘭
  • 紫陽花

母の日に贈る花選分前に絶対注意したいこと!

母の日の贈り物といえば定番は花。赤いカーネーションは特にど定番ですが、最近では技術によって様々な色が出ていて迷っちゃいますよね。でも、選ぶ色によってはとんでもない揉め事が起きる場合も…。花の色に込められたメッセージに注意です!

母の日に避けたいカーネーションの色は

  • 白色のカーネーション
  • 黄色のカーネーション

白色のカーネーションの花言葉は

「私の愛情は生きている」

亡くなった母に贈るのが白色のカーネーションです。日本でもお葬儀などに飾る白菊のイメージがあるように、お見舞いやお祝いには避けたい色です。

黄色のカーネーションの花言葉は

「侮蔑」「軽蔑」

一見明るくてポジティブな黄色なんですが軽率、不信などの言葉と結びつくこともあり、残念ながらあまりお勧めできません。特に仲のよくない義母などには揉め事のきっかけになりかねませんからご注意を。

※一説によるとキリストを裏切ったユダの服の色が黄色なので裏切りや軽蔑などの言葉とつながったとの見方もあります。

でも日本では「幸せの黄色いハンカチ」など幸せを呼ぶ元気な色のイメージもある黄色。花言葉はギリシャ神話からの伝説や宗教などからの由来によって様々な解釈があります。必ずしも黄色のカーネーションが悪いわけではないのです。ただ、場合によっては誤解を招く原因にもなりますので注意してくださいね。

黄色のカーネーションを贈りたいけど花言葉が気になるという人は他の色も混ぜた花束にするという手もあります。

母の日に贈りたいカーネンションの色と花言葉

  • 赤いカーネーションの花言葉
    「母への愛」
  • ピンクのカーネーションの花言葉
    「感謝の心」「美しいしぐさ」
  • グリーンのカーネーション
    「癒されます」「純粋な愛情」
  • 紫のカーネーション
    「誇りに思います」「気品」
  • 青いカーネーション
    「永遠の幸福」

青いカーネーションってみたことない〜!?ですよね!

サントリーとオーストラリアの企業が作った青いカーネーション「ムーンダスト」です。

作り出すのは大変困難で難しいため作れたら永遠に幸福だろうということで
この花言葉が生まれました。

実際の色は紫に近い色なんですが、自然界で一番青に近い色として作ることに成功した花ということです。

 

送料無料 Moondust ムーンダスト カーネーション「永遠の幸福」を意味する特別な花

カーネーションは赤とお決まりにせずに白と黄色の避けたい色以外をリースにしたり、組み合わせ自由に花束にしたりとアレンジしてみませんか。

他の花言葉もみてみましょう!

母の日に贈りたいバラの花言葉は?

バラ全体の花言葉は「愛」「美」です。

赤、ピンクを選べば間違いありませんが、問題は黄色と白色のバラ。

母の日の花で避けたいバラの色は?

黄色いバラの花言葉

黄色いバラは日本ではよく父の日に贈る色として有名になりました。でも花言葉はなんと

「嫉妬」「別れましょう」「薄れゆく愛情」なんです。

「友情」という言葉もありますが…。母の日に単色で贈るにはリスクが高いですね。

スポンサーリンク

白いバラの花言葉

「深い尊敬」「純潔」

メッセージ性としてはいいんですが、花言葉を認識している人も少ない上に、白色の花は亡くなった方に贈るイメージがつきまとうため、避けたほうが無難です。

母の日に贈りたいクレマチスの花言葉は?

「精神の美」「旅人の喜び」

 

旅行好きなお母さんに贈ると喜ばれるかも。「精神の美」とは細いツルなのに大きい華やかな花を咲かせることに由来するそうです。他にも「創意工夫」という意味もあります。

母の日のプレゼントに贈りたい白い胡蝶蘭の花言葉は?

「幸福が飛んでくる」「高級、豪華さ」「上品、優雅」

胡蝶蘭に限っては白い胡蝶蘭がおすすめ。

 

胡蝶蘭専門農園 iファーマーらんぼ

同じ白でも結婚式のブーケや新築祝いなどにも贈られるフォーマルフラワーです。花びらが蝶のように見えることから幸福が飛んでくるという言葉につながったともいわれています。

少しセレブな上品なお母さんにアレンジして贈るのも素敵ですね。

母の日に贈りたい人気の花。青〜青紫色の紫陽花の花言葉

「移り気」「無情」「冷淡」「辛抱強い愛情」

あれ!?なんだか、耐え忍ばないといけないネガティブな気がするメッセージですね。
青い紫陽花は「浮気」をイメージすることから結婚式などのお祝いには避けられる花でした。

でも昨今は母の日に贈るのが人気

その理由は、おしゃれなイメージがあることと、
小さな花が集まって形成されている姿が「家族団欒」をイメージするためと言われています。

たしかに小さな花びらたちが仲良く集まっていますよね。微笑ましいです。

「いつまでも家族仲良しでいようね」というメッセージに。

ピンク〜赤紫色のあじさいの花言葉

「元気な女性」

 

元気でパワフルなお母さんに贈りたいですね。

白いあじさいの花言葉

「寛容な心」

あまり見かけない白い色のあじさい。どうしても白の花は(胡蝶蘭は別として)亡くなった方に捧げる花のイメージがあり、誤解を招くため避けたほうが無難です。

 

インターネット花キューピット

 

まとめ

母の日に人気の花の花言葉を調べて感じたことは、伝説や宗教、お国柄によって解釈の仕方が様々あるということです。

なので同じ花でも全く逆の意味があったりします。

せっかく「尊敬」のメッセージで贈ったのに「亡くなった人に贈る色」という認識でもらった側が受け取るとお互いショックですよね。

絶対注意ポイントは白と黄色の花の選び方です。白い胡蝶蘭以外は避けたほうが無難です。

また、どうしてもマイナスな花言葉があっても、本人が好きな色の花を贈りたいという場合は、

  • 単色で贈るのではなく、他の色も混ぜた花束にする。
  • 添えたカードに花言葉を書く

 

 

添えるカードで「この花言葉は 感謝 です。いつもありがとう。」など花言葉の意味をそっとカードで書くことで、こういう気持ちで贈っていますよと表現するのがいいですね。

長い文章で感謝を伝えることに抵抗があっても、お花を介してメッセージを贈る方法は

つい照れてしまう男性にもいい方法ですよね!

その言葉を伝えるためにこの花をわざわざ選んでくれたんだと嬉しさも倍増。

また花に含まれるたくさんの花言葉と同じように、お母さんに伝えたいたくさんの思いを花に託して

日頃表せられない感謝や愛情の気持ちを伝えてみてはいかがでしょう〜。

今年の母の日は、ぜひ花言葉を楽しんでメーッセージのこもったお花を贈ってみてくださいね♪

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  義母への敬老の日プレゼント、喜ばれるお菓子選びのコツ。