–>

2017大曲の花火開催決定!大雨を乗り越えて

大曲の花火といえば、ツアーが組まれるほど人気で毎年何万人もの観覧者が訪れる「花火の甲子園」のようなもの。2017年の今年は大雨のため打ち上げ会場や観覧会場が冠水し「大曲花火」開催が危ぶまれていましたが…。

 

スポンサーリンク

大曲花火開催!!2017.8/26 午前6時に発表されました!

 

大曲花火 公式ページより

よかったですね!!私は行く予定ではないのですが開催という発表にホットしました。というのも昨日の夕方、ニュースでみた時は配線などもいったん引き上げて配線し直しや、席などが水浸しになっており復旧作業に苦労されている実行委員会の皆さんの姿が痛々しく、明日の朝6時に判断すると、頭を抱えていらっしゃった幹部?らしき人がとても印象に残っていました。幸い水が引いてきたこと、花火自体には被害はなかったことなどが幸いし無事開催へとなったそうです!!

でもまだ足元も悪く、天候もよくないので長靴、レインウェアなど自己防衛は必至ですのでご注意下さいね!

大曲の花火の席は?

花火は人、人、人と言うのは世の常。大曲の花火も例外ではありませんし、こういう大規模な日本を代表する花火師たちが競演する花火大会は全国津々浦々から人が集まります。平成22年には80万人もの観覧者が訪れたそうです。混乱など心配かと思いきや今年で91回目を迎える由緒ある花火大会。実行委員会や地元一丸で交通規制から席からチケットからしっかりとノウハウが確立されているので安心です。

席の全体像はこんな感じです。

実際に行かれる方で詳しい席のことを知りたい方はこちらのページ

「大曲の花火」観覧席の料金はいくら?

前記事の席図をご覧いただける通り、席はブロックごとに区切られていて値段も変わります。

  1. A席(定員6名)23,000円 コンパネ敷き畳2枚分(1.8m×1.8m)
  2. C席(定員5名)15,000円 護岸堤防席 簡易式腰かけ(2m×2m)
  3. イス席(1名)3000円 パイプイス
  4. 両端に有料自由観覧席があり、1名1000円(※高校生以下無料)

追加情報

2017.8/26今回に限り自由観覧席は無料となりました。

大曲花火公式ページより

スポンサーリンク

となっています。

実は昨年までは両端の自由観覧席は無料だったんですが今年からは1名1000円が必要になるはずでした。(今年に限り足場が悪いため自由観覧席のみ無料)それは、トイレの設置、警備員の配置、終了後の地盤補修などに多額な費用がかかるための「環境整備協力金」としての料金ということです。

確かに花火の運営は大変で費用も人も多くの負担が強いられると思います。それでも地域を盛り上げ、たくさんの楽しみにして集まってくれる人のために開催をしてくれるのには本当に感謝です。

今年は大雨の影響で足場が悪いため無料とされましたが、その対応にも誠実さと優しさがにじみ出ています。どちらかと言うと昼夜問わずの復旧作業や、調整で例年より費用がかかったでしょうのに。

募金箱を用意されているようなので、少しでも多くの善意が集まることを願います。

実行委員会の心意気、想い、誠実な対応に感銘を受け、ぜひ来年は行きたい!と思ったのは私だけでしょうか?

大曲の花火、今回のニュースではじめて知った人に向けて

こんな有名な日本をいえ世界を代表するような「花火の競技大会」を今回のニュースではじめて知りました。「大曲の花火」というフレーズは聞いたことはありましたが実のところこんなにすごい花火大会とは知りませんでした。

大曲の花火競技大会の識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、まず、花火をつくった本人が自らの手で打ち上げる真の競技大会であること。

つぎに、この競技大会では内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・中小企業庁官賞・文部科学大臣奨励賞・が授与されることです。そして、競技玉として創造花火が採用されたこと。この花火はテーマをもうけて、創造性の高い花火を自由に組み合わせることにより、ストーリー性があり音楽イメージと合った作品を競い合うもので、毎年斬新なテーマ性に優れた花火が、夜空いっぱいに描かれます。

大曲の花火大会公式ページより抜粋

よし来年行こう!と思いまして…チケットはどうやってとるのか調べてみました。

今年は間に合わないが、来年チケットを手に入れるためには?

来年に向けて今年のスケジュールを参考に計画をしましょう。

 個人桟敷席チケット案内ページ 参照

今年のスケジュールによると6月初旬には電話受付、ネットでの受付が始まり(2017.6/9~12)

それから抽選(2017.6/16~19の間で確認)。7月初旬に2次募集、更に空きがあれば3次募集と続くようです。6月に入ったら公式ページ必見です。

ただ、抽選にはずれたりするのは残念だし、やはりいい席で確実に観たいですよね。それにはやはりツアーなどで参加するほうが交通の面でも席の面でもラクのようです。当日は公式ページのアナウンスでも「人混みは覚悟しておいでください」「基本、歩くということでお願いします」とあるように安全のためにも交通規制はきびしく設けられているようですし、まして土地勘のない初めて組にはまずはツアーの参加が、何も考えずにチケットもとってもらえるし、駐車場または乗り換えや行き順など考えず純粋に花火の競演のみに集中できるので安心&ラクかもですね♪

楽天トラベル

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  ハロウィン間近!赤ちゃんキッズの仮装のコツ。