–>

梅田バナナホール BEGINのライブ行ってきましたよ〜!

5/30に梅田のバナナホールでBEGINのライブ「マルシャ ショーラ2」に行ってきました。ほやほやの体験レヴューです。

バナナホール」名前は聞いたことがありましたが一度も行ったことはありませんでした。さらに今回は人生初の「オールスタンディング」ということで足腰がもつか心配していたのですが…。そのライブの入場から終了までの様子をお伝えします。

スポンサーリンク

1.チケットを忘れずに

チケットぴあの先行抽選で申し込んだチケットを持って。

2.バナナホールってどこ?場所をチェック!

初めて行く所なので場所をチェックするために下見することにしました。

<なんばから梅田バナナホールへ行き方>

御堂筋線で梅田で降り、地下街の「ホワイティうめだ」を突っ切って、泉の広場へ。M−6の出口に出て、右手方向へ。

阪急東通り商店街をてくてく歩き、最奧へ向かう。

まんだらけや、世界の山ちゃんなどを過ぎてしばらく行くと、この看板が目印。

この看板の角を曲がると、正面に。

 

この時点ではさすがに誰も並んでいない。だって2時間も前だもの。

 

近くにある「サイゼリヤ」で時間をつぶし、6時開場だったので5時50分頃にいくと建物に沿ってずらっと行列が・・・・。

「え〜〜〜。しまった!」と思っても後の祭り。おとなしく最後尾に並んだんですが、

結局入場するのはチケットに書かれてある「整理番号」順

係りの人が「100までの番号の人はこちらへ〜。」

しばらくすると「200までの番号の人はこちらの列に〜〜」とてきぱき指示してくれます。

チケットに書いてある番号をチェック!

3.いよいよ梅田のバナナホールへ入場!

開場の時間6:00になると番号順に5人、10人など単位で係りの人が呼んでくれるので混乱なくスムーズな誘導で入っていきます。

ということなので、早くから並ぶ意味なし、でした。あ、でも開場時間(6時)までには到着しておきましょう。遅れると後の番号の人に飛ばされますから。

 

4.ドリンク代を用意。

入り口で「600円用意してください〜。ドリンク代は全員必須です〜〜」とアナウンスされ、みんな財布をごそごそ。

順番がきて入ると半券がちぎられ、現金600円と引き換えにドリンク券をもらいます。

 

5.思わぬサプライズ!ぬぬっ。

そこで、思いもよらず、来館記念品が全員に配られました。

う、うれしい〜〜。オリジナル万歩計!

ありがとう〜〜!うれしいです!!記念になるし。

 

6.足元に気をつけて階段降りる

そして黒い階段をぐるぐる降りて会場へ。

ここは、足元気をつけてくださいね〜〜!!結構、うす暗い中に黒い色の階段なので転びそうになります。

会場はコインロッカーもあり(有料なのか不明。すいません、確認する余裕なしでした)

すぐにみんなドリンクを買いにまた行列が。

スポンサーリンク

 

ちなみにメニューはバナナホールさんの公式サイトに載っているので事前に決めていた方が効率良いかも。

 

引用元:梅田ライブハウス バナナホール 公式サイトより

7.ドリンクをとるか、場所をとるか。

しかし!!そこでもたもたしてはいけません。

すぐに舞台の真ん前を陣取るのが肝心。

なんならドリンクを諦めましょう。どうせ飲んでいる暇なんてほぼないんだから。

ドリンクを並んでいるうちに舞台の前はどんどん前の方の場所がなくなってきます。

もちろんフラットな会場なので前に大きい男の人などが立たれたものにゃ、ビギンの頭さえもみれませんよ〜〜。

で、私はビールや、ジンジャエールなどの注文の列はあきらめ、全然すいていたミネラルウォーターを選択。(「水に600円てか。」とおもったのか、並んでいる人なし)でも水の方がペットボトルなので蓋も閉められるし、カバンにいれれるし。

「いろはす」です。はい、普通のミネラルウォーター。5倍か…。ま、いっか。

すぐ舞台の方へ場所取りにはしりました。

しばし会場の雰囲気をご覧ください。素敵ですよ〜!

 

 

 

この樽はテーブル代わりに。ふたつあり。

 

なんかワクワクドキドキしてきますね!

 

8.オールスタンディングですが疲れたらどうするの?

オールスタンディングとはつまり、ずっとたちっぱなしということ。座席はなしです。

ただ、壁沿いにイスは用意されています。このように。↙︎

 

でも数は少ないので競争率高し。座ることはあきらめましょう。

6:30から8:00までの1時間半です。楽しいビギンさんのトークと音楽で時間なんて忘れちゃいます。

今回は「マルシャ ショーラ2」ということで昭和のヒットメドレーを歌うと言うもの。

選曲もよく、のりのりで楽しいライブを体験できましたよ〜〜!!

9.最後はやっぱり「これ!」…らしい。

終了は「バルーン」。大きな風船をみんなでつつきながら。

恒例ならしい、です。

そして寂しいけどとうとう終了〜〜。

会場を出る時も人数が多いのでちょっと詰まる感じはしましたが、スムーズに退場。

年齢層は大人な人が多かったからか、すみやかに事が運んでいる感じで心地よかったです。

とっても楽しい時間を過ごせて良かったです。ビギンさんのトークもほっこりしたし、人柄大好きです。もちろん音楽も。

そしてバナナホールでのライブもまたなにか面白そうな企画があれば行ってみたいなと思いました〜。

まとめ

今回は昭和のヒット曲メドレーをビギンさんたちが歌うというコンセプト。ビギンの曲はほぼなしです。

知らなかった私と友人は、いつビギンの曲が聴けるのかやきもき。次か次かと思いながら最後の一曲まで待っていたという大失態を。

こんなドジは私たちだけですよね。ライブ前にその友達と「どの歌が一番聴きたい?」などと話が盛り上がって「海の歌」とか「涙そうそう」とかって言って楽しみにしていました。

30分たっても1時間たっても他の人の曲ばかりで「いつ?」「まだ??」と最後の最後まで待っていた私たちって・・・・。

でも「島人の宝」と「笑顔のまんま」は聴けてよかったーー。

 

あと31日、6月1日と残り2日。1日2公演、BEGINさんたち頑張ってくださいね!!ありがとうございました〜〜。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  姪が結婚。お祝い金はいくらが相場?