お料理べた克服方法

生まれつきお料理下手な人はいませんよね。

そして生まれつきお料理上手な人もいないはず。そうならばお料理下手は克服できるはず!私が考えたプラス本や雑誌などで見聞きしたお料理下手克服方法をお話します。

1.まず自分が気に入ったお料理本をまるごと一冊最初から最後まで作る。
時間はかかるかも知れないけど、1冊のお料理本をすべて制覇できたら自信にもなるし、何より必ず料理の力はつきます。

2.好きな料理家をひとり決めて、その人のレシピを季節を通じて追っていく。
同じ肉じゃがでも料理家によって味付けやできあがり、手順などが違ってきます。でも料理家を一人決めてその人のレシピをマネしていくとコツや料理に対しての勘所などがわかってきて、ぶれないで料理の力が付きます。私はお料理本を乱読し、レシピが交錯して何も作れなくなった時があります。この人の出来上がりのお料理は自分の好みだとか考え方が好きとかいう人をひとり決めて「なんちゃって弟子」になったつもりでおっていくといいと思います。

スポンサーリンク

3.一つひとつクリアするようにゲーム感覚で楽しむ。

義務でしなければならないことは料理にしろ何にしろ拒否反応が出てきます。ゲーム感覚で楽しみながらできればいいとおもいませんか?例えば自分が食べたいと思った料理の写真やレシピ名をカードに書き、目を閉じてカードを引く。明日のレシピはその引いたカードのお料理。ネットで検索して作り方をゲットし無事作れたら明日のミッションはクリア。次はその余った材料をメインとした自分が食べたい料理を思いつく限りカードに書いて並べる・・・というようにゲームのレベルが上がるように料理の腕もあがるというのも面白いと思います。

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  お料理の楽しさってなんだろう!?