私が料理苦手になったのは・・・。

料理は苦手だけどキライではないんです。おいしいものは大好きなのでそれが自分で手作り出来たらなんてすばらしいことかと思います。

スポンサーリンク

手作りは何より安全だし、リーズナブルだし好きなときに好きな場所でたべれるんですから。なのになんでこんなにお料理が苦手になったんだろう。と思い返してみました。
新婚当初、私ははりきってお料理の本を何冊も買って夫が帰ってくるまでに数品つくって待っていました。例えば魚料理だとおろし煮にして、他にも数品用意。でも夫が言うには、シンプルな「塩焼きがいい」と。食べなれない味、凝った味はいらない。一応文句を言わず食べてはくれますが、食の好みが私とは合わなかった様でだんだん私もお料理に自信がなくなってきました。というか、もう新しいレシピに挑戦する気力がしぼんでしまったんです。だってふつうーの料理がいいんだそうですから。私が思い描いていたしゃれた美味しい食卓は崩れていきました。そしてそんなに豊かなくらしでもなかったのでどんどん食べ物に対する興味を失い、生活に追われていってしまいました。おいしいものが食べたいという願いはいつも心のなかにあったのですがそれが自分で作れるという自信がもうなくなってしまったんです。少し頑張ってお料理の本を見て挑戦してもお料理の本のようにできない。全く別物。もう二度とこんながっかりはしたくない。
そうやって、だんだんとお料理ができない自分になっていったんですね。そればかりが原因ではないと思いますが成功しなかった体験は料理コンプレックスになる大きな原因だと思います。

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  毎日の料理で思うこと。