イルミネーションをiphoneできれいに撮ってSNSへ自慢アップ!

年末にかけていよいよイルミネーションの時期に突入、あちこちで幻想的な世界が広がってきて素敵ですね。ぜひとも写真に撮ってフェイスブックやラインなどにアップしたいけど、いまいちiphoneでうまく撮れなくてがっかり・・・。ということはないですか?せっかくきれいなイルミネーション、バッチリきれいに撮ってアップしたい!そんな時に便利なちょっとしたコツをお教えします!

s-dbd0a663ded34527204b633f0d369e79_s

イルミネーションをきれいに撮るコツ

手ブレを抑える

あっきれい!と思った瞬間手にしているのはやっぱりスマホ。いつも写真を撮る瞬間を狙ってカメラを持ち歩くカメラ女子とは違ってその場ですぐ摂りたい。それにはやっぱりiphoneのカメラで撮るのが一番ですよね。もちろん三脚なんてないし、手で持つため手ブレはどうしてもさけられないんですが、次の点を意識するだけでかなり手ブレを抑えることができます。

目の高さより少し低めの位置で、脇をしめて両手でしっかりiphoneを持ち、シャッターボタンを押すのではなくそっと触れるようにタッチして離す

手ブレの一因は意外にもこのボタンを押す時に揺らしてしまうことが多いんですね(^_^;)

また、近くになにか柵とか、机とかiphoneを持った手を固定して置ける物があればその上でシャッターをきるとさらに安定して手ブレが防げます。

明るさとピントをiphoneに教えてあげる

イルミネーションの場合、明るい光の部分と暗い夜空の部分の明暗差がありすぎ。iphoneカメラが考えることは、夜空の暗いところは「お、ここは暗すぎるから明るく補正しよう」光の明るすぎるところは「ここは明るすぎるから、暗めに調整しなきゃ」となんとか平均的に写そうとします。なのでなんだかぼんやりした感動のない写真になってしまうんです。

スポンサーリンク

なので「ここの部分の明るさを主役にピントもここに合わせて撮りたいんだよ」ってことをiphoneに教えて上げる必要がでてきます。

その方法がAE/AFロック。やることはとっても簡単。画面のピントと明るさを合わせたいところを長押しするだけ。

ロックしたら撮りたいアングルに調整してシャッター。これでかなり見違える写真ができるはず。

 

 

IMG_1790

HDRオンオフ

カメラの画面の左上あたりにHDRというのがあります。これはハイダイナミック撮影といい、明るい写真と暗い写真、その中間の写真の3枚を撮ってくれる機能。普段はHDR自動になっていると思うのでオンにします。そうすると黒つぶれや白とびが防げるのでイルミネーションなどの夜景の撮影におすすめです。

 

IMG_1791

構図、アングルの工夫

しゃがみこんで下からのアングルで写すと、人混みなどが写り込まずにすんだり、わざとピントを手前に合わせてイルミネーションをぼやけさせたり、

いろんな角度から撮影して試してみると面白い写真が撮れたりします。

s-48a3f02ca87c1366e8f60bfc104d2b2e_s

 

iphoneのカメラはますます性能も機能もよくなって、ひところのコンデジよりかなりレベル上です。何よりも撮りたい時にすぐそばにあることが一番のメリットですよね。イルミネーションはなかなか難易度高いですが、何度もいろいろ試していくうちきっと渾身の一枚がとることができるでしょう♪本記事が何かのお役に立てたら幸いです。

 

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  イオン「運試しでワン」抽選会、大行列の原因は?