–>

結婚式の服装マナー、知らないと恥をかくNG集。



結婚式に招待された時、服装のマナーって気になりますよね。

よっぽど交友関係が広い人でない限り、そんなに結婚式に列席する機会ってないと思います。めったにないことですが、服装のマナーを知っておかないと自分だけでなく、呼んでくれた本人にも恥をかかせてしまう可能性が。

最低限これだけは気をつけようという結婚式の服装マナーNG集をまとめました。

結婚式 列席者の衣装NGなのは・・・・

親族や友人、同僚などの関係、昼か、夜かによる時間でもマナーは変化します。ここでは全体的に当てはまる基本的NGな服装マナーをご紹介します。

結婚式列席者 服装マナー 衣装

ツーピースは「2つに分かれる」ことを連想するので嫌う傾向にありましたが、
現在ではあまりそういうことも気にしないようになりました。華やかな色合いのアンサンブルでもOK。(親族以外)

親戚の既婚女性は黒を基調とした服になりますが、全身真っ黒になると喪服になってしまうので、黒でもレースなどをあしらった華やかさのあるもの、上品なアクセサリー、コサージュなどでハレの舞台への祝福感を出しましょう。

親戚の未婚の女性で着物を着る場合は、花嫁がお色直しで大振り袖を切るかも知れないので控えめに中振袖で。

スポンサーリンク

結婚式 服装マナー 色

白色は花嫁の色。白はもちろんのこと、白っぽく見える色や、上着だけが白でも、座ると上半身しか見えないので白をきていると見られるので避けましょう。

 

結婚式 マナー 靴、足元

黒めのドレスを着る人はストッキングを黒にしてしまうと真っ黒で不吉な感じがします。基本は肌色のストッキング。

靴は足先が見えるもの、(トゥタイプ)バックストラップのないもの(ミュールなど)
はつっかけぽく見え、あまりいい印象は与えません。

結婚式 マナー バッグ

トカゲや蛇などの爬虫類の革を使ったものは殺生を連想するのでNG。

他にも、透けて肌の見える露出の多い服、ジャラジャラと下品なアクセサリー、アニマル柄、奇抜なデザインの個性的すぎる服など。

披露宴、結婚式の主役は花嫁。花嫁より目立つことのないようにするのが鉄則です。花嫁の幸せをこころから祝福して、主役の門出を祝う気持ちで服装を選ぶと自ずから決まってくるような気がします。

いまでは、ラフな結婚式も多く多様化しているので、周りの一緒に出席する人達とも(連絡しあうことができれば)合わせて結婚式を盛り上げれるといいですね!



スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  脇の黒ずみを消したい。結婚式に間に合う方法とは?