天神祭花火の見どころは?人混みを避ける穴場スポットの見つけ方。

日本3大祭りのひとつ、天神祭。2015年の今年は7/23(木)~7/25(土)までおこなわれますが、最大の見どころはなんといっても花火。
そしてその見逃せない花火が打ち上げられるのは7/25日のみ。ここ、気をつけてくださいね!(※神事なので日程は毎年変わらず)

しかも25日は100隻もの船が大川に繰り出す船渡御(ふなとぎょ)も同時にあり、華やかな花火とともに水面にかがり火が映り、天神祭ならではの「火と水の祭典」と呼ばれる幻想的な美しさを堪能できます。

ただ、花火、祭りとくれば心配なのは人混み。せっかくの天神祭の楽しみも人の混雑でげんなりしないためにもあなたの目的別おすすめ穴場スポットの見つけ方をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは、穴場スポットのご紹介の前に基本情報をお伝えしますね。
天神祭花火はどこで打ち上げられて、時間は?そしていつ終わるのか。

天神祭花火の打ち上げ時間と場所を把握。【2015年度版】

☆天神祭花火を見るためのプログラム

7/25(土)本宮

18:00~船渡御出発

19:00~船上祭

19:30 花火のオープニング
大阪天満宮のシンボル「紅梅」をかたどったここでしか見れない花火がオープニングを盛り上げます。

20:00 美しい花火が次々と打ち上がる

20:30 花火のフィナーレ
2箇所同時に打ち上がるスターマインが
大川一帯に美しいく輝いて最後を飾るにふさわしい感動的シーン。

20:50 奉納花火

20:30~催太鼓の宮入開始
22:30~還御祭 

打ち上げ場所は桜ノ宮公園~川崎公園~大川一帯

天神祭花火の目的別穴場スポットの見つけ方

tenjinhasimap

スポンサーリンク

★お金をかけず、そこそこの人混みでかがり火の船渡御と打ち上げ花火の両方楽しみたい人向け

「都島橋」「飛翔橋」

桜ノ宮駅周辺の混雑ぶりを横目に、少し北方面に目を向けると
船渡御のルートにもはいり、打ち上げ花火も結構見えるという穴場スポット。
橋の上なのでゆっくりシートを引いてはムリですが、なかなかおすすめです。

★花火はそこそこ見れたらOK。人混み避けてゆっくり楽しみたい人向け

「川崎公園」

最寄りの駅は京阪天満橋。
打ち上げ花火場所からは少し遠く、見えにく分人は少なめ。天満橋の駅は18:00頃を過ぎるとかなり混雑するけど、
改札付近が広いスペースになっているのでかなりまし。ただ、18:30を過ぎたあたりから桜ノ宮公園までいくとなると混雑に巻き込まれるわ、いい場所はもうないわで骨折り損になるので出遅れたなと思ったら、川崎公園でゆっくり遠目の花火を楽しむのもありかも。屋台もたくさんあるので花火はそこそこ、とにかく祭り気分を楽しみたいという人には絶好の場所♪

★迫力の打ち上げ花火を思う存分楽しみたい!

「OAP円形広場」

最寄りの駅は地下鉄「南森町」
大川沿いまでは15分くらいかかるけど、OAP前円形広場へ早めに現地入りしていい場所とりをすれば真正面で打ち上げ花火が見れる。
できれば17:00前には到着しておけばなんとか間に合うのでは。
天神橋筋商店街もをぶらぶら楽しめる。混雑は有名なJR桜ノ宮駅や京阪天満橋の主要駅に比べてややまし。

まとめ

混雑が予想される駅であっても、「早めの到着」とみんなの行動パターンの「逆」をつくアイディアで天神祭花火を攻略しちゃいましょう。盛大な花火を無料で見させていただけるなんてありがたい♪♪
人混みでしんどかっただけ…(^_^;)なーんてならないように、自分達にぴったりの楽しみ方でいい想い出にしてくださいね♪

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  花火大会いきなり彼女が浴衣を着てきたら彼は引く?それとも喜ぶ?