ふるさと旅行券で夏旅行がほぼ半額で行ける!?

ふるさと旅行券って何?

「ふるさと旅行券」は「ふるさと割」とも言います。

001

平成27年度予算で国が地域を活性化するためにとった「ふるさと創生事業」のメニューの一つ。
各自治体が自分のとこにたくさん旅行に来てもらえるようお得な「ふるさと旅行券」を発行。
購入者が最大半額の価格で旅行ができるというしくみ。
各自治体はその割り引いた分を国から補充してもらえるのでどちらもホクホク。

目次

  • どうやって探す?
  • どこで買えるの?
  • コンビニでの購入の手順
  • ネットで購入の手順
スポンサーリンク

ふるさと旅行券を探す方法
ふるさと旅行券はまだ全国どこでも行けるわけじゃなく、
取り扱っている自治体しか発行していません。
次々と企画されて広がっているのと、すぐ完売になってしまうので
残念ながら、ここで一挙公開とするわけには行かないんです。

手っ取り早いのが、やはりこれ。

検索窓で「ふるさと旅行券 岡山県」など行きたい県とあわせて検索すれば
扱っているサイトや、条件など詳しい内容が分かりますから。

最近では鳥取県が販売した「プレミアム宿泊券鳥取で待っとるけん」が1万4000枚発行したにもかかわらず、
発売開始後わずか4分で完売してしまったことがニュースなどで話題になりました。

tottori

予約枚数や、販売期間など、注意しなくてはいけないコツはあるものの、
半額ほどで旅行にいけるのは大変ありがたいもの。
国の補助金でなりたっているこの「ふるさと旅行券」使わなきゃ損!!

どこで買えるの?

ふるさと旅行券を買う方法は2パターンあります。

  1. コンビニなどで購入
  2. ネットの旅行サイトから購入

ふるさと旅行券をコンビニで買う手順

1.セブン-イレブン、ファミマ、ローソンなどにあるマルチメディア端末機で
「ふるさと旅行券」を発券→レジで支払う。
例えば1万円分のふるさと旅行券が5000円で買える。(鳥取県の場合)
2.ふるさと割対象宿泊施設を予約
3.現地で宿泊代などを旅行券で支払う。

実質5000円の支払いで1万円分の旅行券になるわけなのでかなりお得。
ただ、お気づきのように、交通費は自腹

スポンサーリンク

ふるさと旅行券とは宿泊を伴う宿泊施設の利用の際、
基本料金を旅行券で支払うものだから。

でも、例えば
宿泊と会席料理の2万円のプランを旅行券によって実質1万円で済めば
その浮いたお金を交通費に回せますよね。なにしろ宿泊施設代が半額なんですから♪

ネットでふるさと旅行券を買う手順

1.各大手旅行サイトに行く
2.ふるさと割クーポンをゲット。
3.ふるさと割対象宿泊施設を予約
4.現地でふるさと旅行券で支払う。

ふるさと旅行券は各自治体の企画ものなので日々変わります。
その上予約発行枚数や、販売期間、条件など多種多様。

なぜならば、

この企画の立役者の石破地方創生担当相が

「うちの街を良くするために、と地方から(案を)言ってくれば人も出すし、
お金も支援するが、やる気も知恵もないところはごめんなさいだ」

ということだそうです。確かに25年ほど前、「ふるさと創生」といって各自治体に1億円を
ばらまいた政策、見事に自由度がすぎて失敗しましたから。どっかの自治体金塊など買っていましたよね~。
そんな失敗はしてほしくないです。国の予算といえど元はみんなの税金なんですから。
 

じゃぁ、どうやって探せばいいの?

まだまだ全国展開もしていないし、各自治体のやる気によるので、先ほど紹介したように検索か、

地道に行きたい県の公式サイトをチェックして条件をしっかり把握してゲットするしかないようです。

 

そんなのめんどくさいっていう人は

大手インターネット旅行サイトのふるさと旅行券を利用したキャンペーンを利用するのがおすすめです。
ここにふるさと割キャンペーンをしているサイトを参考に貼っておきます↓

ふるさと旅行券、国の助成がある分、条件などが細かくあるので、しっかりチェックしてくださいね!
例えば県によって一人一泊5000円以上で1枚利用可だったり、返金、払い戻しは一切なし、一人何枚まで購入可能など・・・。
いろいろ手間はかかっても半額の魅力は大きいですよね!格安で楽しい夏旅行、行きましょう!!

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  今からでも間に合うシルバーウィークの格安旅行!