新幹線のきっぷの買い方(ネットで予約編)

大阪から東京へ新幹線で行くために切符の買い方がわからない。ネットで予約してかんたんに買えるらしい。新幹線の切符の購入のしかたを実際に調べてみました。はじめて自分で新幹線のきっぷを手配するのに迷っている方、ぜひご参考にしてみてください。

tolabel

スポンサーリンク

「新大阪から東京まで」の新幹線「のぞみ」(約2時間30分)

 

新幹線のきっぷの種類は何が必要?

 

新幹線に乗るには 乗車券+特急券(※) が必要です。

 

「乗車券」はいわゆる「基本料金」=乗車区間で計算される運賃
「特急券」はいわば「時間と快適さのサービス」部分になるのですが、
新幹線は特別特急で特急の一種なので必ず特急券も必要です。

席の確保はいらない、どの時刻に出発の新幹線に乗るかはその時次第というのであれば、自由席にすれば若干安くなります(900円ほど)

ただ、シルバーウィークなどの大型連休や混雑するであろう時期には自分の席の確保って合ったほうが安心ですよね。

指定席がなくても自由席で混みこみで立ちながらでも平気、又は1台見送って次の新幹線に乗ってもいいくらい時間に余裕があるのならなくてもいいでしょう。

指定席を買うメリットは、必ず自分の席があること。デメリットは料金がその分高くなる、乗り遅れたら指定席分はパァ~になること。

 

新大阪-東京間のきっぷ代はいくら?

 

以下の3種類によって値段は違ってきます。

  1. 普通車指定席
  2. グリーン車指定席
  3. 自由席

 

例)新大阪-東京間の新幹線「のぞみ」 の場合 (※所要時間約2時間30分)

 

1.普通車指定席

席は指定されていて確保済。

乗車券 8,750円
特急券 5,700円
合計14,450円

 

2.グリーン車指定席

ちょっと贅沢なグリーン席。

乗車券 8,750円
特急券 10,480円
合計19,230円

3.自由席

席は自力で確保必要。なければ立ちっぱなしの可能性あり。

乗車券 8,750円
特急券 4,870円
合計13,620円

グリーン席だとかなり高くなりますが指定席と自由席の差はわずか。900円ほどで自分の座る席が確保されているのなら出す価値あり?
 

大阪から東京へ新幹線の切符をネットで予約買う方法

sinkansen
 

JRおでかけネットにアクセス

 

そうすると、ここでざっくりと3つの選択肢があります。

 

  1. EX予約
  2. e5489(いーごよやく)でネット予約
  3. 電話予約

 

下記にあげるそれぞれのいいところイマイチなところを照らしあわせて自分にぴったりな方法を選んで下さい。

1.EX予約のメリット・デメリット

☆メリット

  • 新幹線きっぷが割安で買える(約800円くらい安くなる)
  • チケット受け取り前なら何度でも手数料なしで変更可

 

★デメリット

スポンサーリンク
  • 「J-WESTカード」へ入会や、「J-WESTネット会員登録」、エクスプレス予約の「会員登録」必要。
  • 年会費1050円かかる。

 

2.e5489で予約のメリットデメリット

 

☆メリット

  • スマートフォンから簡単に予約できる
  • 特にネット会員に登録しないでもOK (J-WESTネット会員に登録しておくほうが便利 ※入会金なし)

 

★デメリット

  • 料金は同じ(窓口で買った時と)何も安くはならない

 

3.電話予約

☆メリット

  • 入力をしなくて済む。
  • 人間が相手なのでわからないところを聞きながら進められる。

 

★デメリット

  • 電話が時間によってはなかなかつながらない

 

ちなみに私はe5489のネット会員に登録して新大阪-東京までの新幹線のきっぷを予約購入しました。

1のエクスプレス予約も料金が安くなるし、変更が何度も効くので魅力でしたが、J-WESTカードを申し込むほど頻繁に利用しないことと、年会費の元がとれない気がしたこと、カードをこれ以上増やしたくないこと、で今回は断念。

3の電話予約はなかなか電話がつながらなかったのと、意外に口頭で申し込むのはめんどくさいのが理由です。

 

e5489で絶対気をつけなければいけないポイント

 

ネットで買うといっても、「事前にきっぷを受け取っておかなければならない」予約して安心していてはいけないんです。

ネットで予約した新幹線きっぷを受け取りに行くことを忘れないでくださいね。

これは電話予約の場合でも同じです。

 

受け取り場所こちらを参考に

 

【予約後の新幹線きっぷの受け取り時に必要なもの】

  1. 予約時に利用したクレジットカード
  2. 電話番号下4桁
  3. 予約番号

電話番号下4桁や、予約番号は予約完了メールでわかりますが、気をつけなくてはいけないのは予約時に使用したクレジットカードです。(使用したクレジットカードが有効期限きれたからと言って新しいカードを持って行っても無効です。古いカードでも予約時に利用したものが必要なので注意してくださいね)

まとめ

新幹線チケット、なかなかいろんな手順やルールがあって大変ですね。私自身ふだんは車移動が多く、めったに新幹線に乗ることがないので今回はとても戸惑いました。

ネット予約の他にも格安チケット店で購入、「ぷらっとこだま」というJR東海の旅行券を買う、宿泊とセットになったものを買うなどたくさんの方法があります。

もうどれを選んだらいいかわからない~と思ったら近くの旅行会社の窓口に相談するといいですよ。なるべく平日の午前中など暇な時間を狙ってくださいね。

今回私が利用したのはe5489でしたがスマホから見やすく、料金や何時出発、何時到着などとても操作しやすかったです。ぜひ便利に活用して、楽しい旅を♪

 

出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!
 

【JTB】国内旅行

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  今からでも間に合うシルバーウィークの格安旅行!