–>

台風対策マンションの窓が割れないようにする方法

「うちの窓ガラスは台風の強い雨風に耐えれるのかしら!?」どんな強い風が吹くかわからない昨今の異常な気象、ニュースを見ていてふと不安になってしまいますよね。昔なら雨戸やシャッターがあって安心できたけれど今、マンションにはそう言うものはなく、窓がむき出しというのがほとんど。マンションの窓の台風対策、忘れずに備えましょう!!

s-067383

スポンサーリンク

台風対策。マンションの窓はどう守る?

1.台風時の窓対策~超カンタンな応急処置方法

何も用意する間もなく台風がやってきた。そんな時、窓を守るピッタリの方法です。
各家庭に一つや2つは転がっているガムテープを家の窓の内側からばってんに貼る。さらに十字に重ねて貼る。
それにより、窓ガラスの弱くなりがちな真中部分の補強ができます。意外とこんなカンタンな方法で応急措置的な効果があります。

taihmadotape

但し、ガムテープは後々剥がしやすい布テープがおすすめです☆ 100均のでもいいですが、大きな窓だと幅広の方がより丈夫。

 


布ガムテープ(布粘着テープ) 「幅広タイプ」75ミリ幅×長さ25メートル

 

他にも種類はたくさんあります。→ ★布テープ楽天一覧ページ★

スポンサーリンク

 

2.台風対策マンションの窓~少し準備期間がある場合。

ベランダ側からの対策になります。窓の外側に段ボール箱を平らに展開し、ゴミ袋で覆って窓ガラスをカバー。固定にガムテープでくっつける。または青いビニールシートでダンボールをおおう。

いずれももう、強い風が吹いているような状況だと危ないのでやめておきましょう。窓の外にベランダがない場合もこの方法はむりですね。窓ガラス防御のために自分がケガしたら本末転倒ですから。1.の応急処置方法の窓の内側からガムテープをばってん&十字に貼るなどして台風が過ぎ去るのを静かに待ちましょう。

 

3.窓ガラス飛散防止シートを貼る

これは台風だけでなく、日頃からの備えに便利なグッズです。物が飛んできて窓ガラスが割れるなどの心配がある場合や、一人暮らしの人の防犯などに前もって透明なシートを貼っておく方法です。これなら急な雨風でも慌てないですみますし防犯にもなるので一石二鳥ですね。ただ、コストは高くつくかもしれません。UVカットがあったり、目隠し作用のある曇りガラス風などいろいろな種類が出ていますので機能性重視で考えるならこちらのほうが多機能で安心感もありますから、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

seat

自分で貼れるガラス飛散フィルム・日本ガラスフィルムセンター

マンションの窓の厚みはそれぞれによって強度も違い、建物の周りの環境にも台風の強さによっても防御の効果は様々になってくると思います。ここでご紹介したのは後々の後片付けがあまり大変でないよう、身近であるもの、又は後の処分に困らないものを選びました。お役に立てたら幸いです。

 

窓ガラスの厚みの測り方など~窓ガラスの豆知識~

もっとくわしく窓ガラスについて知りたい方は下記ページにガラスの知識がたくさん書かれています。

家の窓ガラスの厚みを測る方法  →  結露対策研究室

 

ガラスのことならなんでもわかるガラスタウン

  • 普通のガラスにフィルムを貼って地震対策に効果がありますか?

  • 泥棒が一般的な透明ガラスを破るのにどれくらい時間がかかるのですか?

  • 普通の家の窓には何ミリの厚さのガラスがはまっていますか?

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

【関連記事】  台風が近づいています