雪の日の紫外線対策は大丈夫!?冬の紫外線に要注意。

紫外線対策といえば5月から夏にかけてと思いがちですが、実は冬にも紫外線対策は必至なんです。冬といえば雪、雪といえばスキー、スノボですよね!!「冬だし、うす曇りだし紫外線なんてな〜い」なんて思っていませんか!?実はまばゆいばかりの雪の白さがあなたに紫外線シャワーを浴びさせているんです・・・。

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

雪の紫外線の照り返しは夏よりも多い!?

冬は太陽の高度が低く、上からの直接浴びる紫外線は夏の約2分の1です。ですが、雪面から反射して浴びる紫外線は反射によって増え、夏と同じくらいか、それよりも多くなる場合があります。下のリストを見てください。気象庁のデータによると雪面からの反射率はなんと80%。かなりですよね。アスファルトの反射率が意外に少ない事にびっくり。

  • 新雪 80%
  • 砂浜 25%
  • アスファルト 10〜20%
  • 草地・土 10%以下

他の地表と比べてみると飛び抜けて多い雪の紫外線。もし対策をしていなかったら体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

f27b67e99f1191cb67c5e1514caab280_s

紫外線が体に及ぼす影響は?

冬の紫外線対策は屋外でも短時間であればそれほど防御対策は気にしなくてもいいのですが、雪の積もった環境では全くその対策の必要性は違ってきますので注意してくださいね。

雪スキーでの紫外線が目に悪影響するもの

「雪目」という言葉を聞いた事があるでしょうか。雪面から反射されたUV-Bが原因で起こる角結膜炎のことです。

はじめは何の自覚症状もなく気がつかないのですが数時間後「目が痛い」「目の充血」など症状が現れます。軽い場合は日焼けが引くとともに自然と治ってくるのですが、あまりにも繰り返し紫外線を浴びると「白内障」という目の病気を引き起こすことになりますので気をつけてください。

目の紫外線対策

 

7783b25273be83c882a4235783affba4_s

スポンサーリンク

目を紫外線から守るためにはサングラスなど、遮光性のあるメガネなどで防止します。雪スキーなどのアウトスポーツならゴーグルですね。サングラス、ゴーグルの選び方のコツは

  1. 紫外線透過率をチェック(表記が義務付けられている)
  2. 雪面からくる眩しさ(フレア)もカットできるようレンズの色も濃いもの
  3. 横や下からなどの隙間から紫外線が入ってこないように自分の顔形にあったぴったりのサイズと形のもの

以上の3つをしっかり押さえて選ぶと失敗がないと思います。

紫外線による病気は?

まずは日焼けの簡単なしくみをお話ししますと、まず皮膚にUV-Bがあたる→数時間後、皮膚が真っ赤になる(サンバーン)反応が数日間続く→メラニン色素沈着し、肌が褐色になる(サンタン)

このサンバーンとサンタンを総合して日焼けです。皮膚は体の臓器を守り、体温を調節し、光を取り込んだりとフィルターの役目もにない、表面で外敵を食い止めて体を守っています。が、長時間の紫外線を浴びることによって皮膚の内部に有害な紫外線が透過して大切な細胞の遺伝子を損傷させ、皮膚がんなどの発がん率を高めてしまいます。

その他にも、免疫力の低下や深いシワ、シミ、を引き起こす、前述した目への影響など「百害あって一利なし」なので紫外線対策は常にしっかりとることが必要です。

冬の紫外線対策でおすすめの方法。

fa3000a996bd28794e2d51c828f04e78_s

雪の環境ではあらゆる面から反射されて紫外線を浴びるので、日焼け止めクリームはしっかりと塗ること。SPF値はUV-Bの紫外線量指標、PA値はUV-Aの紫外線を防ぐ効果の基準を示します。値は高いときつい成分になる場合があるので自分の肌に合ったバランスを考えて選びましょう。

目の紫外線対策は紫外線カット率のしっかり表記された顔のサイズに合ったサングラス(ゴーグル)を着用。

色に寄っても紫外線防止の効果が変わると言われており、「黒がいい」と日傘などではよく話題になりますが、結局のところそう色による差はなく、それよりも素材が遮光性があったり、UVカットのしっかりしたものであったりで変わってきます。必ずしも色で判断はできないようです。

参考までに黒は紫外線を吸収してカット、白は反射することによって紫外線をカットします。(白色は雪の環境では乱反射を起こすので不向きとも言えますね)

あとがき

紫外線、私たちが意識なくいつも浴びていると思うと少し心配な気がしてきませんか?紫外線対策を面倒だと怠らず、正しい知識を知って楽しく雪のアウトドアスポーツを楽しんでください。

 

 

スポンサーリンク
Pocket